環境科学研究科

環境問題の本質を理解し、
地球と社会の持続可能性を追求する
人物と学術を作り上げる

総合大学である東北大学の「知」を結集し,持続可能な発展をささえる文化と循環社会の基盤となる社会構造を確立するため,文系,理系という伝統的区分を越える総合科学として新たな枠組みの環境科学を構築し,多様な領域の効果的接近と新たな学問領域を創出することにより,環境問題の解明と解決に関わる幅広い知識と理解力を有しつつ 深い専門性を持ち,国際社会においても活躍できる人材を養成することを教育の目標とします。

環境科学研究科は、「先進社会環境学専攻」と「先端環境創成学専攻」の2専攻で構成されており、先端環境創成学専攻には、教育上のコースとして3つのコースが設置されています。

1.先進社会環境学専攻 -豊かな知識と優れた実務能力で組織や社会を導くジェネラリスト-
2.先端環境創成学専攻 -先端的環境科学の研究で世界を牽引するスペシャリスト-
  ①材料環境学コース②応用環境化学コース/③文化環境学コース