災害科学国際研究所

地球規模の視点で 災害のメカニズムを解明。
国境、文化を超えて世界の災害軽減に 貢献します。

IRIDeSが目指す災害科学とは、事前対策、緊急災害対応、復旧・復興、将来への備えを一連の災害サイクルととらえ、各プロセスにおける事象を解明し、その教訓を一般化・統合するものです。IRIDeSは、東日本大震災の経験と教訓を踏まえ、国内外の大学・研究機関のみならず多様な関係者と連携しながら、巨大災害を含む日本の自然災害への処し方そのものを刷新し、国内外の災害被害軽減に向けて具体的な問題解決方法を創出することを目標としています。東日本大震災に関する調査、復興事業への取り組み、国内外のフィールドにおける災害科学研究から得られた知見を、人間が災害の苦難を乗り越え、複雑化する災害サイクルに対して賢く対応できる社会システムの構築へつなげる学問「実践的防災学」として体系化し、その学術的価値を創成することを目指します。

災害科学国際研究所の理念に則り、以下の重点戦略・展開施策を中期目標・計画に掲げ、活動を行っています。

  • 災害科学研究の世界的拠点を目指す

  • 文理連携及び多様な学際連携による研究の推進

  • 実践的防災学の構築

  • 防災知識を身に付けた人材の育成

  • 防災教育の社会的展開

  • 産官学及び地域社会と連携した防災対策の強化

  • 国際社会との連携強化

  • 共同利用・共同研究への取り組み

  • 指定国立大学「災害科学・世界トップレベル研究拠点」にむけた取り組み